m@cの「人生を1.2倍楽しむブログ」

自身の趣味・最近の気になる物事・日記も少々書きます

愛用していたスマートウォッチが壊れたので並行輸入品のgalaxy watchを購入してみた。

こんばんわ、m@cです。
人生楽しんでますか?

 

最近の出来事なのですが、私の愛用していたスマートウォッチのgalaxy gear S3が壊れてしまいました。

とても便利で重宝していただけに非常に残念でした。

新しいスマートウォッチを購入すべく気になった物はやはりgalaxy watchでした。
新品で購入すると約3万円ぐらいするので少し悩んでおりました。

ん…コレはっ⁉︎

私が目にしたのはAmazonで見つけたコチラのgalaxy watchでした。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200817155756j:plain 

 

「並行輸入品」 のgalaxy watchだと約2万円で購入が可能でした。
1万円も安いので本物が来るのか心配で購入を迷ったm@cでしたが…

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200825135626j:plain

購入しちゃいました!
果たして実際に届いたのでしょうか?気になる方は続きを読んでみてくださいね!

届いた箱を開封します

箱を開けると中から出てきた物は…

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200825135645j:plain

普通にgalaxy watch入っていてホッとしました(笑)
Amazon購入サイト⇒Samsung. Galaxy Watch ギャラクシーウォッチ 最新モデル Wi-Fi Bluetooth SM-R800 46mm [並行輸入品] シルバー

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200825135700j:plain
もう一つ入っていたのですが、コチラは日本のコンセントに対応した変換プラグが入っておりました。なんと素晴らしい!

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140405j:plain
galaxy watchの箱を開けてみると中からウォッチ本体が出てきました。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140423j:plain
充電器も勿論同梱しております(勿論海外製です)。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140437j:plain
先ほどの変換プラグを充電器と組み合わせるとこんな感じ。

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140452j:plain
説明書もありますが日本語では記載しておりません。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140505j:plain
スペアのバンドが1つ入っておりました。
これで内容物は以上になります。

 

galaxy watchの電源を付けてみた

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140525j:plain
早速電源を付けてみました。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140557j:plain
専用アプリ「Galaxy wearable」を導入していたので設定が簡単でした。
設定後、galaxy watchも日本語表記になってます。
細かな設定を完了したので次はgalaxy watchの見た目を変更します。

 

galaxy watchの見た目を変更してみた

galaxy watchの見た目を変更する為の商品は豊富で、バンド・ベゼル部分・保護ケースなどがあり、カスタマイズ性が充実してます。
見た目にこだわりが無いと言う方はそのまま使用していただいて問題は無いのですが…それでは少々勿体ないとm@cは思います。

次の記事を読んでいただき、galaxy watchの見た目がどのくらい変わるかを是非ご覧になっていただきたいと思います。

保護ガラスの変更

f:id:mac-jinsei-blog:20200826140617j:plain
まずは液晶が傷をつけない為に保護ガラスを取り付けます。
Amazon購入サイト⇒Samsung Galaxy Watch 46mm 強化ガラスフィルム

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141449j:plain

スマホの保護フィルム等を付けたことがある方なら手順も説明は不要ですね。
今回購入した保護ガラスにも付属品が全て揃っておりました。
簡単に説明しますと、

①汚れを拭き取る
②埃をシールで除去
③保護ガラスを取り付ける

取り付けたことが無い方でも綺麗に取り付けられます。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141510j:plain 

勿論、不器用なm@cも出来ました。
続きましてベゼル部分を変更したいと思います。

 

ベゼルの変更

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141550j:plain

ベゼル部分はシルバーの物を用意しました。
Amazon購入サイト⇒Ringke Galaxy Watch 46mm ギャラクシーウォッチ 保護 リング

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141621j:plain

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141641j:plain
コチラも取り付けは簡単です。裏側の両面テープを付ければOK!

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141658j:plain
黒だったベゼル部分がシルバーに変えただけでも雰囲気が違いますね。
次はバンドを変更して行きます。

 

バンドの変更

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141537j:plain

バンドの種類も豊富で迷ってしまいましたが、ステンレス製のバンドにしました。
Amazon購入サイト⇒V-MORO Compatible with Galaxy Watch 46mm バンド

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141743j:plain
中にバンドの長さを調節出来る部品があるので安心ですね。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141800j:plain
こんな感じに取り付けてクルクル回すと取り外せます。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200826141824j:plain
以前使用していたgalaxy gear S3のバンドと比べてみると、バンド取り付け部分と本体部分の隙間に違いがありました。
今回購入した物は隙間が無くてバンドの付け替えた違和感が無くていいですね。
最後は腕時計で1番重要な文字盤(ウォッチフェイス)の変更です。

 

ウォッチフェイスの変更

ウォッチフェイスはGalaxy Storeアプリでダウンロードをすることが可能ですが、私はパソコンを使ってウォッチフェイスを変更していきたいと思います。

 

f:id:mac-jinsei-blog:20200818020220p:plain

コチラはGalaxy Watch Studio(旧 gear watch designer)と言いまして、自分でウォッチフェイスを作成出来る優れものです。
Windows版とMac版があり、どちらも無料でダウンロード可能です(Galaxyアカウントが必要)
ダウンロードはコチラ⇒Galaxy Watch - Design | Samsung Developers

自分でオリジナルのウォッチフェイスを作成することが出来ない方は、海外のサイトで配布している所もあるようなので探してみるのもよろしいかと思います。

そして私がGalaxy Watch Studioを使用して導入したウォッチフェイスを少し紹介しますね。

f:id:mac-jinsei-blog:20200827162156j:plain

f:id:mac-jinsei-blog:20200827162127j:plain

f:id:mac-jinsei-blog:20200827162049j:plain
ロレックスのウォッチフェイスばかりですねw


ウォッチフェイスを変更するだけで雰囲気がガラッと変わります。
Galaxy Watch Studioの導入方法や使用方法については機会がある時に記事を作成したいと思います。

 

まとめ

今回は並行輸入品のgalaxy watchを購入してみたのですが、 非常に満足する一品でした。

私が満足した要因は3点あるのですが、一つ目は以前使用していたgalaxy gear S3と比べてバッテリーの持ちが格段に違い、充電が3日に1回程度で済むようになったことですね。(以前は毎日充電してました)
二つ目は壊れたスマートウォッチが同メーカーの物なので、機能も以前と同様に設定出来たのもプラスの要因です。
そして三つ目は、日本で販売されているgalaxy watchと比べて安く購入できたので、お財布的にも助かりました。

 

今回の記事を読んでgalaxy watchに興味を持った方は是非galaxy watchを購入してカスタマイズを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

以上、m@cでした。
ご覧頂き有り難うございました。